【ブログ】マーケターが追うポップ・カルチャー最前線

📔マーケター見習い中の29歳 🇺🇸平成生まれ、米国育ち。面白い奴は大体友達 👔某ファッション・ブランド→外資系広告代理店 🍿映画、音楽、服、建築に関するブログです!

親戚のおじさん?演技があまりにもリアルな『ウィンストン・チャーチル』

ããã£ã¼ãã«ãæ ç»ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

魂が宿る物作り

物作りの歴史において、偉大な作品にはどこか「魂が宿った」かのように感じられることがある。作られたその「物」を前にすると、単なる紙と絵の具や、彫られた石などがあたかも魂があるかのように観る者を揺さぶる。美術館や博物館は、そんな作品に出会える場所として今も昔も多くの人で賑わっている

ぽっちゃりピースおじさん

さて、今作は美術館の話でも、物作りの話でもない。歴史に名を残す1人の男の話だ。ナチスドイツによるヨーロッパの支配に対抗し、連合国の勝利に貢献したあのポッチャリ・ピースおじさんだ。 ポッチャリおじさんのこの映画は、第二次世界大戦中、自国が劣勢に立たされてる中、首相を押しつけらる部分から始まる。映画冒頭、色彩を抑え、外部の自然光が差し込む国会議事堂の画作りから、質実剛健煌びやかさより渋さを好む英国らしさを感じられた。 

魂が宿った?

しかし、この映画の魅力は何よりもゲイリー・オールドマン演じるポッチャリ・ピースおじさんなのだ。変装の名人、シャーロック・ホームズもびっくりな特殊メイクでゲイリー・オールドマンがチャーチルになりきっている。

このなりきり感は単なる名演技というのを超え、上述したように「魂が宿った」かのように感じるほどのクオリティなのだ。目線の泳ぎ、口のぱくつき、葉巻の持ち方、声の質、裸(足)でひたひた歩き回る姿までどこをとってもそれは本物(殆どの人は本物のチャーチルを観たことはないのはわかりつつ)チャーチルがそこにいると思わせるほど。

緊迫する国際戦時情勢に慌てふためく政治家の中において、チャーチルは大決断をしなければならないが、その決断に至るまでの本人の迷いや苦悩、言葉だけでは説明しきれない僅かばかりの機微を演技で魅せてくれた。むしろ、映画だからこそ、演技だからこそ、オールドマンだからこそ、チャーチルの魂を感じられた、と言ったほうが正しいのかもしれない。(今作でアカデミー賞主演男優賞受賞も納得の出来。ちなみにチャーチルの特殊メイクを施した辻一弘も今作でアカデミー賞特殊メイク賞を受賞した。)

渋いおじさんの映画

チャーチルの政策に最後まで対抗する嫌な役柄を演じたスティーン・ディレイの、面倒くさく手強いタイプのキャラクターのなりきりっぷりも良い。ゲーム・オブ・スローンズでも似たような面倒な手強いキャラ、スタニス・バラシオンを演じてたディレイ。オールドマンとディレイ演じる、渋い英国おじさんの演技合戦も見ものだ。少し残念だったのは、チャーチルの前の首相役に実はジョン・ハートが当初キャスティングされていたということ。彼がそのまま演じていてたらもっと凄い作品になってただろうな、と。とはいえ、ゲイリー・オールドマンが存命の今、この作品を観れる僕達は幸せだと思う。

今作と同じくらい作り込みがすごく、同じ俳優(ティーン・ディレイ)が出ているドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』が気になる方はこちらの記事もぜひ!

michischili.hatenablog.com

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。コメントの書き込み、その他SNSでのシェアなどして頂けるととても嬉しいです!それではまた!