読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画で学ぶファッション史

生きたファッションは映画やドラマで学べる! 洋服屋による映画レビュー。 チームで映画も作ってます。

【Project: The Lost Rivers of Tokyo】仮死化/可視化する緑道

 

f:id:michischili:20131116011203j:plain

The aim for this project is to recapture the ecosystem (if there is such a thing) of the city Tokyo, by visiting the Ryokudos (a promenade that used to be a river) in Tokyo. Thus, the title of the project in English is The Lost Rivers of Tokyo.

このプロジェクトでは東京の緑道(かつては川だったものを暗渠化し、遊歩道として生まれ変わったもの)を巡り、東京という都市の生態系(そんな物があればの話ですが)を再認識することを目的としています。英語のタイトルは直訳すると「東京の失われた川」になります。

 

The Japanese title仮死化/可視化する緑道(kashika suru ryokudo) has a word play, using two different words that are pronounced the same. The first 仮死化( read as kashika) literally means apparent death. The second可視化means to visualize.  

So the title points to a ryokudo that is apparently dead, and is also a manifesto to visualize the lost rivers. 

日本語のタイトルでは「仮死化」と「可視化」をかけています。

 

 

This project has just begun, and I still do not know how it will end, or even if I can successfully end this project, but in doing so, I am hoping that this project will some how shed light to a new (or old ) aspect of our life in a metropolis, Tokyo.  

このプロジェクトは始まったばかりなのでどう終わるか、そもそもちゃんと成果を伴って終われるのかもわかりませんが、せっかくやるのであれば東京という大都市での生活に新たな(もしくは古い?)光を照らしてくれることを願っています。

 

So is Tokyo merely a house of cards, or rather a metropolis that co-exists with rivers and canals like Venice, or is it a Delirious New York without a grid?

I believe that one way of finding the answer is in anaylizing the ryokudos.

 

さて、東京は単なる砂上の楼閣なのか、それともベネチアのように川や運河と共に共存する都市なのか、それともグリッド無き錯乱のニューヨークなのでしょうか?

私は答えを見つける方法の一つが緑道を分析することだと思います。

 

 

11th of December, 2013