元パリコレブランド➡︎広告営業マンの「勝手に考察」

日系パリコレブランドにて販売・MD・バイイング等多岐にわたる業務を経験。現在は外資系広告代理店の営業マン。そんな僕がポップカルチャーからビジネスまで、気になった事を「勝手に考察」するブログ。

言葉は要らない!?音楽と映像で饒舌に語る『ベイビー・ドライバー』

台詞、ナレーション、その他の文字情報などの説明を使わず物を語れるというのは、

まさしく映画というメディアの特徴と言えるだろう。エドガー・ライトはそれを今作でやってのけた。 

 

この、「言葉や文字を使った説明」に頼らない=映画ならではの表現の限界に挑んだ傑作がまたアメリカからやってきた。しかもまた、これが難解な話ではなく、大衆娯楽としての要素も満たしているのだから文句の付け所がない

銀行強盗の逃し屋をやってる凄腕ベイビーフェイス・ドライバーは、無類の音楽好き。言葉で説明してしまうと陳腐に聞こえるが、エドガー・ライトは映画冒頭の約5分の間に、台詞も、ナレーションも、文字による説明もない中で説明仕切っている。そしてその5分がべらぼうにかっこいい。

そしてその饒舌な映像の連なりをドキドキしながら観てる我々は、いつの間にか主役のベイビーに魅了され、映画の世界に入り込んでしまうのだ。

 

※この映画の前に、監督エドガー・ライトが撮ったPV。

この時点で既に今作で使われてるアイディアの片鱗が見えるので、興味がある方は是非こちらもどうぞ!
Mint Royale - Blue Song

もし、この映画でも物足りと思った渋い物好きの、あなた。アメ車がかっこいいこちらの映画もオススメです!michischili.hatenablog.com本日も最後までご覧いただきありがとうございました。コメントの書き込み、その他SNSでのシェアなどして頂けるととても嬉しいです!それではまた!