ポップカルチャー・ガイドマップ

平成生まれ、米国育ち。美術史専攻の洋服屋さんが解説するポップカルチャー/ ファッション、音楽、映画(たまに建築)

Virgil Abloh ヴァージル・アブローって何者?

 

街中で皆様見かけた事は一度くらいはあると思います、このブランドoff white.

高級ストリート・ウェアというコンセプトで若者に人気のブランドです。

 

f:id:michischili:20180330001214j:plain

  

この度、Off-Whiteの設立者であるヴァージル・アブロー(以下、ヴァージル)が、前任者キム・ジョーンズに代わり、ルイ・ヴィトンメンズウェアのアーティスティック・ディレクターに就任しました。 Off-Whiteのデザイナーというのは知っていたものの、それ以外はあまり彼の事をそこまで知らなかったので、この際調べてみました。

 

 

news.yahoo.co.jp

 

このニュース、単なるファッションの話題に見えますが、このニュースの背景を理解すると、ポップ・カルチャーの最前線が見えてきます。

ポップ・カルチャーの最前線では、ファッション、アート、音楽(ヒップホップ)、建築などと、ジャンルを跨いだ新しい交流が怒涛のように生まれています。ヴィトンやラグジュアリーブランドの視点から考えると、ヴァージルの起用はブランディングの一環とも捉えられますね。

 

ではヴァージルって何者なんでしょうか?

 

 

はじめに

長らく更新が滞ってしまいましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

これまで映画でファッションを解説する、という視点でブログを書いてました。

とは言え、自分の興味や守備範囲が広すぎる。

この際、ポップカルチャー全般のガイドマップのようにしよう、という事でリニューアルをしました。

もっと言うと、最前線のポップカルチャー≒最前線のクリエイティブな人の集まりとも見れます。最前線を追いかける人の参考になれば、と思います。

 

 

ヴァージルと現代アート

ヴィトンのクリエイティブ・ディレクター就任に先立ち、ヴァージルが3月16日より広尾で初の個展を開催してました。という事で、今日会期終了ですが先日駆け込んできました。

 

この広尾にあるカイカイ・キキ・ギャラリー、現代アーティストである村上隆氏が運営してるギャラリーです。

こちらはヴァージルと村上の共同で展覧会を開催した時の画像。

 

f:id:michischili:20180330000415j:plain

注)真ん中はジャスティン・ティンバーレイクです。 

 

 村上氏曰く、「ヴァージルは単なるデザイナーではなく現代アートにも通じる物作りをしている」との事でした。

展覧会を見た限り、正直現代アートとして評価されるのかちょっと疑問を持ってしまいましたが、「消費社会」への言及と「企業ロゴ」の多用はある種、現代的だな、と思いました。

 

ちなみに村上隆と言えば、日本画をルーツにしながら花柄のキャラクターやドクロなどをモチーフに描く事で国内より海外で人気のアーティストですが、村上隆も実はLVと仕事をしていました。

 

f:id:michischili:20130409220052j:plain

 

 

ヴィトンではここ数年、積極的に外部のデザイナーやアーティストを起用した限定商品の企画を行なっています。こういった積み重ねの上で、外部のクリエイターの起用が効果的であると判断されたのでしょう。限定商品だけでなくメンズウェア全体の責任者としてヴァージルが選ばれた理由にはこういう背景もあるようですね。

 

ヴァージルと音楽

ヴァージルは現代アートだけではなく、音楽業界にも大きな繋がりがあります。

カニエ・ウェストというヒップホップ・ミュージシャンを皆様ご存知でしょうか。

 

f:id:michischili:20180329234954j:plain

左)ヴァージル・アブロー

右)カニエ・ウエス

 

 

カニエ・ウェストは2000年代〜今に至るまで、ヒップ・ポップのみならずポップ・ミュージックの世界では最先端の音楽を作る事で知られています。本人自身ラップをしたり歌ったりしますが、彼はソウル・ミュージックをサンプリングした甘く、どこか懐かしさを感じさせるトラック(曲)作りに定評がありました。デビュー以降も様々な音作りにチャレンジしているクリエイターです。

 

ヴァージルとカニエは同じシカゴ出身。しかも2人ともフェンディにてインターンをしていました。ヴァージルは以前カニエの設立したファッション・ブランドのクリエイティブ・ディレクターを務めていました。

そして今では幻となってしまいましたが、カニエもヴィトンとコラボレーションをしていました。

 

f:id:michischili:20180329235312j:plain

 

 

そしてカニエの、3枚目のアルバムジャケットを手掛けたのは、そう村上隆です。

  

Graduation

Graduation

 

最先端の音楽と現代アートもこういう風に有機的に繋がっているんですね。 

 

ヴァージルと建築

ヴァージルはところでどこでデザインについて学んでいたのでしょうか。

調べると、アメリカのイリノイ工科大学で、建築を学んでいました。

そこでレム・コールハースに学び、プロダクトのコンサルティングも学んだそうです。

このレム・コールハースは建築界では建築家の建築家とも言えるような存在で、徹底したリサーチから提案される新しい建築の在り方は建築家だけでなく多くのクリエイターにも影響を及ぼしています。

 

f:id:michischili:20180330000643j:plain

左)ミウッチャ・プラダ

右)レム・コールハース

 

そしてコールハースはヴィトンとは競合に当たる、プラダブランディングに長年携わっています。具体的にはミラノコレクションの会場設計や、プラダ財団や一部店舗の設計も手掛けていますし、プラダのプロジェクトをまとめてこんな本も出版しています。

 

Rem Koolhaas: Projects for Prada

Rem Koolhaas: Projects for Prada

 

 

建築側の視点ですと、こちらの美術手帳に掲載されているヴァージルのインタビューがより詳しいです。ファッション・ブランドのインテリアデザインについて詳しい建築家、浅子佳英さんがインタビューをしておりまして、こちらも勉強になります。

 

ヴァージル・アブローが語る自身の「DNA」。世界初個展「”PAY PER VIEW”」で見せるものとは?|美術手帖

 

最後に

いかがでしたか?

このように、ポップ・カルチャーの最前線では、ファッション、アート、音楽(ヒップホップ)、建築などと、様々なジャンルを超えて新しい交流が生まれています。日本だとまだまだヒップホップを身近に感じられず、聞き慣れていない人もいるようです。

今後このブログでは、いかにヒップホップを含むポップ・カルチャーが様々な分野のクリエイター達と新しい取り組みをしているかを紹介していきたいと思います。

ということで、次回はとある音楽ドキュメンタリーのご紹介です。

それではまた!