My energy comes from curiosity and a positive spirit

デジタル・マーケター見習い中。平成生まれ、米国育ち。面白い奴は大体友達。美術史専攻→洋服屋/ポップカルチャー/ 映画、海外ドラマ、音楽、ファッション(たまに建築)

『マルコムX』とズートスーツ

【ズート・スーツ】1940年代にアメリカの黒人のミュージシャンや、マフィアなどの服装としてよく見られたズート・スーツ。キング牧師と並ぶ有名な黒人解放指導者マルコムXは、実は若い頃はズート・スーツを着るようなチンピラでした。今回は映画『マルコムX』を元にズート・スーツの解説をします。

 

 

 

マルコムX [DVD]

マルコムX [DVD]

 

 

 

ズート・スーツ

さて、マルコムXキング牧師と並ぶ、有名な黒人解放指導者で、きちんとしたスーツに身を包み、メガネをかけているインテリのようなイメージが強いですね。しかし、若い頃はやんちゃでした。やんちゃを通り越えてチンピラでした。

 

その頃の服装がこれ。

f:id:michischili:20160420174956j:plain

 

またはこれ。

f:id:michischili:20160420175043p:plain

ちょっと暗くて2枚目はわかりにくいですが、解説をしましょう。

 

1940年代にアメリカの黒人のミュージシャンや、マフィアなどの服装としてよく見られたズートスーツ。

f:id:michischili:20160420175125j:plain

 

特徴としては、

・極端につばの長いハット

・極端に太いラペル(襟)

・極端に長いジャケット

・極端に太く、ハイウェストなパンツ

・極端な色、または柄使い

 

となります。

とにかく全てが極端ですね。

 

ヨウジ・ヤマモトとズート・スーツ

 

これ、今そのまま着たら目立ちますが、日本のブランドでこの精神を受け継いでるブランドがありました。

f:id:michischili:20160420180733j:plain

 

f:id:michischili:20160420180820j:plain

 

色や柄は落ち着いてますが、極端なシルエットはまさにズート・スーツですね。

以上ヨウジ・ヤマモトの服でした。

 

f:id:michischili:20160420181716j:plain

映画、マスクのジムキャリーの服装もズート・スーツ。

 

 

そしてこちらは2016年10月発売のGRINDという雑誌の表紙。

f:id:michischili:20160420180946j:plain

 

気だるそうな表情に、大きいサイズのジャケット、シャツはインしてハイウェストパンツ、そしてつばは広めです。この手のつばの広いハットは一時期とてつもなく人気がありましたね。僕の職場ではよく見かけましたが、そろそろこの流行りも落ち着くのではないかと思います。

 

初回のブログ は1910年代のアイリッシュマフィア、刑事、そしてイタリアン・マフィアの服装を紹介しました。気になった方はこのピーキー・ブラインダーズの服装と見比べてみてください。

michischili.hatenablog.com

 

 

映画に戻りましょう。

ズート・スーツが登場する、との情報をキャッチし、いつか観ようと思っていた名作を観れました。名作ですが、良くも悪くも内容がヘビーです。スパイク・リーの描きかた、カメラワークももちろんですが、デンゼル・ワシントンの演技がまたいい。カリスマが宿ってます。服装から入るもよし、作品から入るもよしですが、これは観ておいてよかったです。

一般的には、マルコムXキング牧師と比べて過激な発言をしていた、との見方をされますが、実際はどうだったのでしょう?映画は脚色がされていますが、マルコムの人柄と苦悩がとてもよく描かれています。

 

 

今回は1940年代の服装を、初回は1910年代の服装を取り上げました。

年代によって、服装が変わる点がちょっとずつ伝われば本望です。

この流れでいずれは20世紀の服装の変遷を、音楽やその他のカルチャーと絡めて紹介していきたいですね。そしてそれを一冊の本にまとめたいなー、と思うこの頃。

このブログを理論編とすると、実践編で一ついい出来事がありましたので後ほど報告いたします!それではまた!