映画で学ぶファッション史

生きたファッションは映画やドラマで学べる! 洋服屋による映画レビュー。 チームで映画も作ってます。

【映画】2014年に見た映画

映画レビューをちょくちょくしてるこのブログですが、

自分用のメモも兼ねて今年見た映画(新作、旧作含む)をリストアップして1年を振り返りたいと思います。

尚、映画の並び順には意味はありません。

 

 

 

1天国の門

2ディアハンター

3海の上のピアニスト

4合衆国最後の日

5ニューシネマパラダイス

6ランブルフィッシュ

7イヤーオブザドラゴン

8レッドクリフ

9トランス

10地獄の黙示録

11ハスラー2

12時計仕掛けのオレンジ

13シャイニング

14グッドフェローズ

15マネーボール

16カポーティ

17シティオブゴッド

18ソラリス

19レイジングブル

20地獄でなぜ悪い

21プレイタイム

22僕の叔父さん

23グランドイリュージョン

24都会のアリス

25ナイト・オンザ・プラネット

26リミッツ・オブ・コントロール

27ライフ・イズ・ビューティフル

28グリーン・フィンガーズ

29ミッドナイト・イン・パリ

30ローマでアモーレ

31ポルトガル、ここに誕生す

32アラビアのロレンス

33ル・アーヴルの靴磨き

34ムーンライズ・キングダム

35ダージリン急行

36うる星やつら2 ビューティフルドリーマー

37ザ・ロイヤル・テネンバウズ

38灼熱の魂

39ライフ・アクアティック

40天使にラブソングを

41天使にラブソングを

42ゴースト・バスターズ

43華氏451

44大列車強盗団

45ピアノ・レッスン

46グッド・モーニング・ベトナム

47ミセス・ダウト

48ガープの世界

49インドへの道

50レナードの朝

51シャネル&ストラヴィンスキー

52コンタクト

53ダラス・バイヤーズクラブ

54フォロウィング

55スローターハウス5

56レニングラードカウボーイズ・ゴーアメリカ

57インターステラー

58アナと雪の女王

59マレフィセント

60ドン・ヘミングウェイ

61ゴジラ

62オール・ユー・ニード・イズ・キル

63グランド・ブダペスト・ホテル

64それでも夜は明ける

65ハング・オーバー!消えた花婿

66クロニクル

67裏切りのサーカス

68ベルリン天使の詩

69レスラー

70サウンドオブミュージック

71ハングオーバー

 

 

 

 

監督別では今年はウェスアンダーソン作品を1番多く見た1年だった。そして彼の新作のグランドブダペストホテルは自分の映画ランクのかなり上位に入る。

 

ウェス・アンダーソンから派生して、ラブコメウディ・アレン、緩くて、でもなんか洒落てるジム・ジャームッシュフィンランドを代表する人間愛溢れるアキ・カウリスマキも見て、そしてフランスのチャップリンことジャック・タチも数本見た1年だった。

 

緩い系統以外だと、

マイケル・チミノはディアハンターの素晴らしさからその後のハリウッド全体を巻き込む波瀾万丈の監督人生、

やっと見れたフランシス・フォード・コッポラ地獄の黙示録はもう評判通りの映像と音楽そしてキャラが立っていて、

ドゥニ・ヴィルヌーヴの灼熱の魂は恐らく衝撃度では人生トップクラスだった。

 

 

ロビンウィリアムズの死去に伴って、未見だった彼の映画を見て1人で追悼会を開き、

 

インターステラー、ライフイズビューティフル、そしてニューシネマパラダイスあたりは文句無しの傑作として万人にお勧めできる良作だったと思います。後はルーカスやスピルバーグに影響を与えたイギリス人監督デビッド・リーンによるアラビアのロレンスは歴史好きにも、映画好きにもオススメできる濃く、深い、映画の教科書の様な傑作でした。

 

こうやって振り返ると結構いいもの見れた1年でした。

来年はもう少し邦画も観れるかな、と思いつつ完全にフィーリングに任せて見てるのでどのタイミングで何を見るかは来年のお楽しみにですね。

 

取り敢えずゴーンガールは映画館で早めに見ておきたいな。

 

今年もブログを読んで頂きありがとうございました。来年もご笑覧宜しくお願いします。