読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画で学ぶファッション史

生きたファッションは映画やドラマで学べる! 洋服屋による映画レビュー。 チームで映画も作ってます。

【建築6】Toilets for all

普段僕は表参道で働いています。

正確にはもう少し根津美術館よりの南青山エリアになります。 Usually I work in Omotesando-Aoyama area.

 

 

このあたりは近年ラグジュアリーブランドの大型店舗や、アップルパイの店や、カフェ、雑貨屋、そしてリンゴマークの大きな店舗など再開発がどんどん進められている東京有数の観光スポットでもあります。 This area is one of the most famous tourist spot. There are boutiques of luxury brands, apple pie stores, coffee shops, and also a new store of Apple opening soon.

 

国内外から多くの人が押し寄せてくるのですが、

このエリアには公衆トイレがありません。多くの場合、高級ブティックでトイレを借りることになります。

Though there are many people visiting this area, there are not much restrooms for the public. Most of the time you would have to use the restroom of the luxury boutiques.

 

そこで思いつき。

So I have an idea.

f:id:michischili:20140610161825j:plain

http://www.designboom.com/architecture/sou-fujimotos-public-toilet-in-ichihara-is-a-garden-escape-10-29-2013/

 

これは建築家、藤本壮介が作った世界一大きいトイレです。

ここまで大きなトイレではなくてもいいので、ちょこっとモニュメンタルでありながら周囲にとけ込むようなトイレを青山、表参道エリアに作ってもいいんじゃないかな?

 

This is a restroom designed by a Japanese architect , Sou Fujimoto. Why not make a restroom that could be monumental like this in the Omotesando-Aoyama area? It doesn't have to be this big but a site specific restroom would be interesting.

公衆トイレにネーミングライツとかするのもいいけど、せっかくだから土地に根ざしたようなトイレがあってもいいかなと思いました。TOTOさんとかLIXILさん、どうでしょう?

Naming rights could be sold for a public restroom but how about a restroom that could be tourist spot? what do you think, TOTO or LIXIL?