My energy comes from curiosity and a positive spirit

平成生まれ、米国育ち。面白い奴は大体友達。美術史専攻→洋服屋/ポップカルチャー/ 映画、海外ドラマ、音楽、ファッション(たまに建築)

『スリービルボード』〜耽美を目指して~

f:id:michischili:20181001003212j:plain

 

監督と脚本を手掛けたマーティン・マクドナーアイルランド系イギリス人。

映画の中には随所にアイリッシュ要素と、耽美な要素が見られました。

 

夏の名残のバラと耽美なオープニング

映画冒頭の約3分、ミズーリ州エビングの風景を写しながら流れる『夏の名残のばら』はアイルランドの民謡。後にクラシック曲や、ポップ・ミュージックなど様々な形式に引用されてますが、この映画で使われたのはオペラ用に編曲されたもの。

時代や主題が違えど、風景とこのオペラ版の曲の組み合わせによって、この3分間はヴィスコンティのような耽美なトーンで進んでいきました。

 

www.youtube.com

 

主人公ミルドレッドが3つの看板を設置した後、彼女の自宅に地元の教会の神父が尋ねてきます。曰く、殺害された娘さんの件については皆あなたの味方だが、あの看板はやりすぎだ、と。すかさずミルドレッドはカトリック教会を揺るがすスキャンダル、神父による子供の性的虐待について言及。

あなたが仮に加担していなかったとしても同じ教会の一員であるだけで、私にとっては共犯者よというニュアンスの事を吐き捨てます。

(ちなみにこの事件は『スポットライト 世紀のスクープ』という2016年アカデミー賞作品賞を授賞した映画で描かれています。ボストンのカトリック教会における虐待について徹底的に調べたジャーナリスト達の話ですが、ボストンという街に最も多いのがアイルランド系の移民なのです。更にアイルランド系の多くはカトリック教徒でもあります。)

 

また映画の中盤でとある夫婦が、

「それはシェイクスピアの引用か?」

「いえ、オスカー・ワイルドよ」

というやりとりをしてました。そしてオスカー・ワイルドアイルランドを代表する作家・詩人です。耽美主義を代表する作家、としても知られていますね。

 

f:id:michischili:20181001004947j:plain

 

さて、この映画はアイルランド系イギリス人というある種の部外者だからこそ描けた現代アメリカの暗部、とも捉えられます。ただ、個人的には監督が目指したかったテイストがやや中途半端に見えてしまいました。

 

冒頭の3分は前述の通り、耽美な雰囲気をまとった至福の映画時間が流れました。

このテイストのまま進めば大傑作になったかもしれないのに、と、思いつつ登場人物が出てからはヘッドショットを多用した、ややバタバタしたカメラワークに。

役者の演技合戦が見られたのは良かったものの、「映画」ならではの撮影と編集のリズムの耽美な要素はこれ以降はあまり観られませんでした。

 

とは言え、タイムリーな話題を扱い、さすが劇作家出身と思わせる脚本の巧さは絶妙でした。

監督の次回作も楽しみですね。

 

 

ちなみに同年に公開され、同じくアメリカの田舎を舞台し、殺人事件と人種の問題を扱った物語に、『ウィンド・リバー』という傑作もあります。

興味がある方は是非見比べてみてください!

 

michischili.hatenablog.com

 

『グラン・トリノ』〜渋いオヤジと赦し〜

 

f:id:michischili:20180930090845j:plain

 

車を買うなら72年のグラン・トリノが良い、と思ってしまう激渋でカッコいい映画。

テーマは「父性と赦し」でしょうか。

 

色彩より陰影が印象的な画作りや、時折手持ちカメラのような撮影が入る感じ、他にもオールドスクールアメリカらしい質実剛健気質が満載。

 

戦争で心に深い傷を負い、2人息子とキチンと接する事ができなかった頑固な偏屈ジジイ、ウォルト。

実は隣人のモン族達と過ごす過程で、彼自身の過去を赦す事で生きる喜びを見つけた、そう解釈もできる。

 

 

昨今の欧米社会では、左派的なポリティカル・コレクトネスが強調され、ハリウッドでもイーストウッドは右寄りな古い人と見られる事もある。

 

でもこの作品はそんな思想の対立を超えるテーマがある。人は1人では生きていけない、とつくづく思った。

 

 

 

グラン・トリノ (字幕版)
 

 

『15:17、パリ行き』〜イーストウッドによるゴダール再発見〜

f:id:michischili:20180929092531j:plain

 

 

ヤバイ。こんな映画あったのか、と思い知らされる出来。

アバンタイトルの手や足のクローズ・アップからして、ただならぬ予感。

撮影と編集のリズムがめちゃ上手い。

 

そこからはもう息つく間もないまま映画の時間に吸い込まれた。役者ではなくて、実際の事件に居合わせた本人達が出演してるのってどうなのよ?と思ったけど、ちゃんと映画になってる。むしろ最近観た映画の中では最も映画らしいというか、何というか。

 

ゴダールの『勝手にしやがれ』の原題はbreathlessだけどこの映画も正にbreathless。

映画というフォーマットだからこそできるリズム感、時間、音楽の使い方などの表現を本当に突き詰めてるな、と思った。小学校時代、軍隊内での落第、アムステルダムでのパーティー、どこをとっても無駄が無く、かつ無ければならないシーンとして成立してる。イーストウッド、凄すぎ。

 

15時17分、パリ行き(字幕版)

 

15時17分、パリ行き(字幕版)

 

 

『カメラを止めるな!』〜悔し楽しさのワンカット〜

f:id:michischili:20180928083408j:plain

 

あー悔しい。

本当に悔しいわ。

良い映画を観ると、たまに悔しいと思う時がありますが今回もそのパターンでした。

 

曲がりなりにも物作りに少し携わっている自分ですが、この作品に並ぶレベルの物を作れてない。

悔しい。

 

 

過去、自分が携わった自主制作の映画に出演していた役者さんが今作にも少し出演していました。

だからこの作品がそんなに遠い存在に思えず、悔しいというのもあります。

 

 

でもそれ以上に、とにかく映画の出来が良い。

手放しに100点満点つくレベルなのに、悔しいからつけたくないという捻れた感情。

 

物作りの裏方を讃える映画は幾つかありますが、こんなにも

 

人を恐がらせられて、

人を笑わせられて、

家族の愛も描いてる映画はなかなか無い。

 

ましてやここまで映画愛に満ちた作品もそうそう無い。

 

願わくば、今作の成功を機に日本映画がより盛り上がるのを楽しみにしてます。

あーとりあえず悔しい。

 

ポンっ!

 

 

『アトランタ』とドナルド・グローヴァー

 

突然ですが、ドナルド・グローヴァーをご存知ですか?

 

f:id:michischili:20180927080349j:plain

 

ポップカルチャーの中で最も勢いと人気のあるアメリカ人クリエイターのドナルド・グローヴァー。彼が主演・制作(一部では監督や脚本も)を手がけている大人気かつ超重要作のコメディ・ドラマ『アトランタ』が遂にNetflixで配信されたのでご紹介します! 

続きを読む

『ゲーム・オブ・スローンズ』〜リーダーシップ編〜

先週のエミー賞授賞式で再び存在感を示した海外ドラマの金字塔、『ゲーム・オブ・スローンズ』。

f:id:michischili:20180925091908j:plain

2回にわたりこのドラマの魅了をご紹介しましたが、遂に自分が最も語りたかった内容をここで語らせていただきましょう。

一言で言うとリーダーシップ、副題をつけるならば「理不尽な世の中で、お前はどう戦うのか」と言うところでしょうか。

 

 

続きを読む

『ゲーム・オブ・スローンズ』〜音楽・衣装・言語〜

先週行われた、第70回エミー賞授賞式。

そこで作品賞を始めとする9部門を制覇したドラマ、

ゲーム・オブ・スローンズ』についてご紹介をしております。

 

今回は『ゲーム・オブ・スローンズ』の音楽・衣装・言語の魅力をお伝えしましょう。 

 

初回の記事はこちら。

michischili.hatenablog.com

  

続きを読む

『ゲーム・オブ・スローンズ』〜持たざる者の物語〜

皆様お元気でしょうか。

 

今回は『ゲーム・オブ・スローンズ』というドラマをご紹介します。

史上最高、空前絶後、社会現象(残念ながら今は日本を除く)、ドラマ史、映像史に今後も燦然と輝くであろうドラマ、と言ったら大げさでしょうか。

 

f:id:michischili:20180923154006j:plain

僕自身今までたくさんの映画やドラマを見てきましたが、ここまで打ちのめされ、励まされ、興奮させられ、そして考えさせられた作品はなかなか無いです。

日本ではまだまだ同志が少ない為、一刻も早くこの記事を書きたかったのですが、やっと良いタイミングを見つけました。

先日エミー賞授賞式でこのドラマが作品賞を受賞した為、ありがたく便乗します!

 

続きを読む

『ウィンド・リバー』とカーハート

f:id:michischili:20180814184818j:plain

2018年日本公開ーテイラー・シェリダン監督

 

暑苦しい夏にぴったり、「恐ろしさ」なんて言葉では形容できない自然(この場合雪)を畏怖する気持ちになる隠れた名作。観れる劇場が少ないのが玉に瑕。

是非口コミで広まって欲しい。

 

アヴェンジャーズで共演しながらも、あまり活躍の場がないジェレミー・レナーと、エリザベス・オルセンの本領をこの作品では観れます。

 

続きを読む

『レディ・プレイヤー1』と『マトリックス』〜後編:シミュレーショニズム〜

はじめに

 

前回に引き続き、 『レディ・プレイヤー1』についての考察です。

前編では『マトリックス』は「仮想の(偽りの)の世界から目覚めよ!」と視聴者を煽っているというところで終わりましたね。

 http://michischili.hatenablog.com/entry/2018/05/09/091003

では後編は『マトリックス』は「何から目覚めよ!」と煽っていたのか?からはじめます。あれ、レディプレイヤー1の話はどこに行った?と不安になった方、安心してください。後ほどちゃんと登場しますので。

続きを読む